Q&A トリアスキンエイジングケアレーザーの痛みについて

照射時の痛みについて


レーザーケアをしているとき、肌が少し熱くなったり、輪ゴムではじかれたり、静電気を感じるような痛みを感じることがあります。
これは、真皮にレーザーが微数の穴をあけてターンオーバーを促進しているためで、すべての方に見られる通常の使用感です。照射後数分か数時間で和らぐのが普通です。
トリートメントケアの期間中はこうした症状が続きますが、レーザーを繰り返し使ううちにだんだんお肌が慣れてきて、刺激が軽減される場合があります。
また、トリートメントケアの間や直後は、お肌が一時的に赤くなったり少し腫れることがあります。これも通常の使用感であり、時間が経つにつれて軽減することが多くのユーザーによって確認されています。
照射後のお肌は、しっかりと保湿してあげましょう。

※レーザーの照射によって、肌に何が起こっているのか、「エイジングケアレーザーが効く理由」のページで詳しくご紹介しています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。