機能と各部の紹介

本体と電源について


トリア・エイジングケアレーザーは非常にシンプルな設計なので、使い方は簡単。
ボタンも一つしかありません。
スマホのように充電式になっているので、充電台にUEB電源コードを差し込んで充電します。
充電中は電池表示が点滅します。完全に充電されると(約2時間半)、電池表示が消えます。

エイジングケアレーザーは安心してケアしていただくために、特許を取得した2つの独立したセンサーシステムを搭載しています。
まず、肌センサーが本体の開口部に存在します。これらのセンサーが肌を感知しし、先端が肌にぴったりと着いている場合のみ(紫のランプが点灯し)照射が行われます。
センサーの一部が肌から離れるときはレーザーの出力が抑制されます。

また、肌センサー以外に動作センサーが存在します。
センサーが動きを感知し、先端が肌の間を移動している間のみ(紫のランプが点灯し)照射が行われるようにします。
エイジングケアレーザーの動きが止まると照射も止まるため、エイジングケアレーザーを肌に押し当てたままにしても照射が過度に行われるのを防ぎます。

トリアエイジングケアレーザー各部の紹介

本体のディスプレイについて


本体ディスプレイもかなりシンプルです。
使う時に気にするのは、電池表示とレベル表示と完了表示の3点です。

トリアエイジングケアレーザーディスプレイの紹介



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。