たるみやシワの原因は?真皮と線維芽細胞とは

真皮と線維芽細胞を理解しよう!


お肌に興味のない方でも、化粧水やクリーム、美容液は使いますよね?
今お金を出して使っているその基礎化粧品、本当にお肌に効果がありますか?
なんとなくお肌のケアをしている、そろそろアンチエイジングしなきゃかなぁ。という方に是非読んでいただけたらと思います。
ここではアンチエイジングキーワードとして「真皮と線維芽細胞」についてご紹介します。

皮膚は大きく3つに分けられます。
●空気に触れる部分の「表皮(ひょうひ)」
●表皮の内側で表皮の10〜15倍もの厚さがある「真皮(しんぴ)」
●真皮の内側の真皮と筋肉の間にある「皮下脂肪組織(ひかしぼうそしき)」


193546.png

(画像:hycol.netさんより引用)

真皮はほとんどがコラーゲンでできています。
(コラ−ゲン(約70%)エラスチン(約5%)それ以外(約25%)と言われています。)
基質(真皮内のコラーゲン線維とエラスチン線維の間を埋めている物質)の中で「コラーゲン」、「エラスチン」、「基質」を作ったり分解処理する細胞を「細胞線維芽細胞(せんいがさいぼう)」といいます。
細胞線維芽細胞は約1ヶ月程かけて、真皮内の古いコラーゲンやエラスチンを新しいものと入れ替えてる仕事をしています。ですが、紫外線や老化の影響で線維芽細胞が弱ってくると、仕事の生産能力が下がり、古いコラーゲンの分解量の方が多くなったり、線維芽細胞自身の増殖能力も下がってきてしまいます。
若い時は新陳代謝をしていますが、40代以降になると新陳代謝のスピードが遅くなり、コラーゲンが生産される量が激減するため、真皮の弾力性や水を保つ力も弱くなり、肌のハリやうるおいが失われ、法令線のような深いシワやたるみが出てきます。

これを防止するために、線維芽細胞を活発にさせることが重要になってきます。

トリアのスキンエイジングケアレーザーは、レーザー真皮の刺激することでターンオーバーを促進します。
具体的には、フラクショナルレーザーの照射(数千個の微細な穴をつくる)をすることで、皮膚の少し深い部分の「真皮」に刺激、熱を与え、細胞に生体防御反応を起こさせます。
生体防御反応により、微細な穴を治癒しようと皮膚が収縮します。
その皮膚の収縮がタイトニング効果となり、加齢肌の再生が促され毛穴が引き締まり、シミやシワなども改善される、という仕組みです。

text3.jpg

手頃なものから、高額なものまで、様々な基礎化粧品がありますが、肌の内側にある「表皮」(4層構造)がバリアとなっているため、化粧品の成分では真皮まで浸透できないと言われています。
本当にアンチエイジングを考えているなら、トリアのスキンケアエイジングレーザーをお勧めします。


より効果を出すためにおすすめの使い方

鏡を見ながらお手入れしましょう


初めの数回は鏡を見ながらトリートメントしましょう。
本体を肌にぴったりと当てて動かし続けると、紫色の接触ランプが点灯します。
どんな場所にシミやしわがあるのか、毛穴のたるみ具合などを記録しておくと、効果が出てきたときに分かり易くなります。



トリートメントは夜にしましょう


レーザーが角質層まで届くわけなので、眠っていた細胞が起こされている状態。
お休み前にトリートメントすることで、万が一、一時的な赤みや腫れが出た場合も寝ている間に落ち着く時間を与えることができます。

慣れてきたらトリートメントレベルを上げてみましょう


日頃奥深くにある角質層の細胞たちにレーザーが届くため、レーザーの熱による痛みがあります。
輪ゴムではじかれるような、静電気を感じた時のような痛みです。
痛みはレーザーの熱が届いている証拠でもあります。
肌がレーザートリートメントに慣れるのに1週間程かかることがあります。
この期間のトリートメントレベルは必ず「低」にしてください。
肌がトリートメントに慣れてから、より良い効果を実感するためにトリートメントレベルを上げてみましょう。

141131.png


紫外線からお肌を守りましょう


スキンエイジングケアレーザーご使用中は毎朝、UV効果が高く、肌に合った日焼け止めを必ずお使いください。
毎日、日焼け止めを塗ることで、トリア・スキン エイジングケアレーザーで整えた肌を紫外線による新たなダメージから予防するのに役立ちます。

毎日トリートメントを続けましょう


• 最初の8週間は、トリア・スキン エイジングケアレーザーを1日1回ご使用ください。
• 8週間使用した後は4週間の休止期間をとりましょう。
• 4週間の休止期間の後、再び8週間のトリートメントを再開してください。

コラーゲンとアミノ酸バランスの良いたんぱく質をとりましょう


ターンオーバーが滞って質が悪くなると、弾力性も衰えるため、トリアスキンエイジングケアレーザーで肌の外側からはターンオーバーを促進できますが、内側からのアプローチも大切です。
たんぱく質が不足することで、新しいコラーゲン生成や古くなったコラーゲンの分解が滞り、コラーゲンの生まれ変わりに悪影響を及ぼすということがわかっています。
そこで、日頃から簡単にアミノ酸バランスの良いたんぱく質摂取できる食材やコラーゲンが含まれている食材ご紹介します。
コラーゲンを摂取する際には、コラーゲンの合成に必要なビタミンCとともに摂取すると効果的ですよ。

●冷めると身がプルっと固まる、肉のすじや軟骨
●赤身の多い硬い肉
●皮が厚い魚
●手羽先
●鰹節
●丸ごと食べられる小魚
●シラス干し
●高野豆腐



※揚げ物などの高脂肪な食事をとり過ぎると、善玉ホルモンが減少して、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を低下させるそうなのでご注意ください。



トリア・スキン エイジングケアレーザーの正しい使い方

1. 準備


• 顔をきれいに洗って水分が残らないように拭きます。
メイク、日焼け止め、その他スキンケア製品や汚れをしっかり落とし、レーザー照射を妨げたり効果を下げないよう、素肌の状態でご使用ください。

2. トリートメントレベルを選択する


• 充電台からトリア・スキン エイジングケアレーザーをはずし、電源ボタンを押して電源を入れます。
• 電源ボタンからお好きなトリートメントレベル(低、中、高)を選びます。


トリア・スキン エイジングケアレーザーのレベル


使い始めの1週間は必ず低レベルからスタートし、肌を慣れさせてから徐々にレベルを上げてください。
ご利用いただきやすいように、トリア・スキン エイジングケアレーザーは最後にご使用になったトリートメントレベルを記憶しています。

3. 肌をトリートメントする


• 顔全体をまんべんなくトリートメントするために、下図のように顔を4つのゾーンに分けます。

175039.png


本体がピッと音を出すまでゾーン1をトリートメントし、ゾーン2、3、4の順でトリートメントします。
鼻や鼻の周りにもご利用いただけます。
トリートメントは、目の周囲で骨が感じられる部分に限ってください。

トリートメントのコツ


• 各ゾーンをトリートメントするには、レーザーの照射口全体が肌に当たるようにして、ゾーン全体にまんべんなく下図のように横から横へとゆっくりとすべらせるようにスライドさせます。紫色の接触ランプが点灯し続けるように、本体を肌にしっかりと当て、一箇所に留まることなく動かし続けます。
• ひたいをトリートメントするときは、本体を横にして上下に動かすと使いやすくなる場合があります。紫色の接触ランプが点灯し続けるように、本体を肌にしっかりと当てて動かし続けることを忘れないようにしてください。

175049.png


175756.png

各ゾーンのトリートメント時間


トリア・スキン エイジングケアレーザーからピッと音が鳴るまで、各ゾーンをトリートメントします。

「低」の場合は約30秒
「中」の場合は1分
「高」の場合は2分30秒


• トリア・スキン エイジングケアレーザーは各ゾーンのトリートメント後にピッと音が鳴ります。
ゾーン1は1回、ゾーン2は2回、ゾーン3は3回、音が鳴ります。
• 4ゾーン全部のトリートメントが終わると、トリートメント完了表示(チェックマーク)が点灯して専
用の音が鳴り、トリア・スキン エイジングケアレーザーのスイッチが自動的に切れます。

※平均して毎日4〜10分程のトリートメントとなります。

※「 ピッ」音が鳴る前に次のゾーンに移ると、そのゾーンのトリートメントが十分できていない可能性があります。ご満足いただけるケアを実感するには、「ピッ」音がするまで次のゾーンに移らないでください。

4. 最後に肌を健やかに整えます


• レーザーの使用効果を向上させるために特別に配合されたトリア・スキン リペアローションとセラムがもおすすめですが、お手持ちの保湿クリームなどでも問題ありません。

180532.png


最初の8週間は、トリア・スキン エイジングケアレーザーを1日1回ご使用ください。
• 8週間使用した後は4週間の休止期間をとりましょう。
• 4週間の休止期間の後、再び8週間のトリートメントを再開してください。
エイジングケアレーザーで20日間ケアをすると、クリニックで使用されているフラクセルレーザーのお手入れ1回分に相当します。


※注意:レーザーは肌と密着しないと出力されないようになっておりますが、目、まぶた、眼窩には絶対にご使用にならないでください。
※注意:1つの箇所へのトリートメントは1日1回(24時間に1回)にとどめてください。



機能と各部の紹介

本体と電源について


トリア・エイジングケアレーザーは非常にシンプルな設計なので、使い方は簡単。
ボタンも一つしかありません。
スマホのように充電式になっているので、充電台にUEB電源コードを差し込んで充電します。
充電中は電池表示が点滅します。完全に充電されると(約2時間半)、電池表示が消えます。

エイジングケアレーザーは安心してケアしていただくために、特許を取得した2つの独立したセンサーシステムを搭載しています。
まず、肌センサーが本体の開口部に存在します。これらのセンサーが肌を感知しし、先端が肌にぴったりと着いている場合のみ(紫のランプが点灯し)照射が行われます。
センサーの一部が肌から離れるときはレーザーの出力が抑制されます。

また、肌センサー以外に動作センサーが存在します。
センサーが動きを感知し、先端が肌の間を移動している間のみ(紫のランプが点灯し)照射が行われるようにします。
エイジングケアレーザーの動きが止まると照射も止まるため、エイジングケアレーザーを肌に押し当てたままにしても照射が過度に行われるのを防ぎます。

トリアエイジングケアレーザー各部の紹介

本体のディスプレイについて


本体ディスプレイもかなりシンプルです。
使う時に気にするのは、電池表示とレベル表示と完了表示の3点です。

トリアエイジングケアレーザーディスプレイの紹介



家庭用レーザー美顔器トリアスキンケアレーザーが効果がある理由

家庭用美顔器トリアスキンエイジングケアレーザーで出来ること


text2.jpg

肌に現れる老化の症状である、シミ、くすみのような色素の変化、小シワ、毛穴、キメの乱れ、ほうれい線や 頬・フェイスラインのたるみなど肌の弾力低下に対し、フラクショナルレーザーの照射により、皮膚組織(顔に集中されている線維芽細胞)を活性化させることで、皮膚の再生を促進します。
皮膚の再生をターンオーバーと呼びますが、ターンオーバーにより自然なコラーゲン生成が促進・肌の弾力強化・過色素の除去・荒くなった肌のキメを改善などの効果がみられます。

141106.png

トリアのレーザーが効く理由とは?


トリアのレーザーは、皮膚科や美容外科で使われている皮膚再生専門のフラクショナルレーザーです。
エイジングケアレーザーで20日間ケアをすると、クリニックで使用されているフラクセルレーザーのお手入れ1回分に相当します。
フラクショナルレーザーの照射(数千個の微細な穴をつくる)をすることで、皮膚の少し深い部分の「真皮」に刺激、熱を与え、細胞に生体防御反応を起こさせます。
生体防御反応により、微細な穴を治癒しようと皮膚が収縮します。
その皮膚の収縮がタイトニング効果となり、加齢肌の再生が促され毛穴が引き締まり、シミやシワなども改善される、という仕組みです。


※「真皮」とは・・・肌組織の大部分を占めている肌の本体部分で、コラーゲン(線維状のタンパク質)がその大部分を占めています。そのコラーゲンなどが肌を支え、形や弾力を保つ重要な働きをしています。「真皮」についてはこちらのページで詳しくご紹介しています。
※「タイトニング効果」とは・・・タイトニングとは肌を引き締めること。その効果。


text3.jpg

また、フラクショナルレーザーは肌の細胞を再生化(ターンオーバー)をすることから、傷跡の治療としても広く使われています。


ターンオーバーとは?


皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」で形成されていて、表皮は一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ状態で角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。
このように表皮は絶えず入れ替わっているため、表皮に傷がついてもかさぶたとなってはがれ落ち、きれいな肌に生まれ変わるのです。(スキンケア大学より)
トリア・スキンエイジングケアレーザーは、レーザーを充てることにより、このターンオーバーを促進させる働きをします。
これにより傷ついた細胞や老化した細胞が新しい細胞に押し上げられ、かさぶたやアカとなって表面に出てきて、最後は皮膚から落ちます。

text4.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。